国分寺駅すぐのリラクゼーションサロン Smarphin(スマーフィン)ボディケア60分2,800円!

ボディケア・整体・フットケア・酸素カプセル(O2カプセル)・プロトリートメント・ストレッチング・美容鍼灸他

〒185-0012 東京都国分寺市本町3-4-3
国分寺本町ビル1F(メディカルリラックスモール)
TEL.042-313-9145
国分寺駅北口徒歩1分!

スマコク☆ブログ(31)

スマコク☆ブログ(31)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

2013年12月16日

価値観、社会の変化、自由(夢)は全部連動しています

 いよいよ今年も残すところあと半月となりました。 師走というのは景気が良かろうと悪かろうと多忙を極めるものです。また、この季節はサラリーマンにとってもボーナスが支給されることで、にわか活気を呈してきます。

 ただ残念なことに自分自身の給料についての価値観が欧米とは異なっており、士農工商時代から続いているお金というイメージが何となくグレー的な価値として存在しています。プロ野球選手などは昔から「年俸はは〇〇円です」と堂々と言える立場にあるのですが、どうしてもサラリーマンは自分の給料価値については口に出そうとしない、またはお金を儲けることを悪いこと、いけないことみたいな風潮があります。日本は儲かるのを嫌がり、忌避するような考え方がありがちですが、欧米では逆で、物に値段がついていない、無料であるという考え方は「失礼」というような価値観があります。欧米には「働くこと=それに対する利益がもたされる。だから、それは正しいことなんだ」という考え方が普通にあります。

 お金の価値と余暇のバランス感覚を日欧米で比較してみると、実は日本の士農工商(士>農>工>商)・封建制度、欧米のイギリス革命・農業革命・産業革命が大きく関わっていると思います。今の時代、情報化社会ということで一見、チャンスが渦巻いていると思われがちですが、まったくの逆です。利権、既得権の維持(これは厄介)、人口の減少、高齢者の増加、情報の過多・・・。テレビ局が苦戦しているのも頷けます。今やテレビ局にとって居酒屋などの飲食サービス業も競合の一つになっていますからね。この件については、今後のブログで詳しく話していこうと思っています。

 自由にやるのはいいのですが、自由を「勝手気まま」と履き違い、実力もないビジョンもない人が勢いや思いつきのまま「自由なんだから、夢に向かってやる」ということでは自滅行為に等しいと思います。夢に向かっていくのは大賛成ですが、本当にチャンスが少ない時代に突入し、実力がないと生きていけない時代になってきたという真の実態と常識がわかっていない人は正直きついでしょうね(スマーツメディカル CEO兼総院長)

 

【スタッフの一言】

 本多(Smarphin 国分寺店:マネージャー)

 12月も半ばとなりました。

 皆様、寒い中忙しい日々をお過ごしかと思いますが、体調はいかがでしょうか?

 冷えによる血液の巡りの低下は免疫力や代謝を低下させます。

 日頃から温めて冬を乗り越えましょう。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>